BRITISH-LIFE Diary

ヨーロッパ 冬の必需品


こんにちは!
BIRITISH LIFEのMihoです!

2月中旬ですが、季節外れのぽかぽか日和になりました!
店舗のとなりにある梅の木もすっかり満開にw(゚o゚)w
IMG_3360.jpg

梅の甘いいい香りがしました♡
もうすぐ春がくるのかなーなんて思っていたのですが明日からはまた
2月並みの寒さがもどり木曜と金曜は雪は雪予報のようです。お天気が忙しいです(笑)

寒がりな私は冬場は湯たんぽを肌身離さず抱いております❄
私の冬の必需品です!明日からまた湯たんぽの出番かな・・・

かつてヨーロッパにも湯たんぽのような役割を持つ
「ベッドウォーミングパン」とゆうものがありました。
IMG_3791.jpg

銅製のパン(皿状の鍋)に長い木製のハンドルがついているもので、
ベッドウォーマーとも呼ばれます。
はるか昔、17世紀頃に誕生したといわれています。

暖炉から取り出された炭や焼き石、焼き砂などをパンの中に入れ、
これをベッドとシーツの中に挟んで寝具を暖めるための道具です。

IMG_2878.jpg

IMG_1622.jpg

イギリスをはじめ、ヨーロッパ各地の寒い地域の家庭には
このベッドウォーミングパンが欠かせないものだったそうです。

日本は夏にジメジメと湿気が多く冬はとても乾燥しますが、
逆にヨーロッパでは夏はカラッとして冬場は湿気が多くなります。
その為冬には寝具も湿ってしまいベッドは非常に冷たかったようです。
特に当時のイギリスは石作りの民家が多かったので冬場の夜はそうとう冷え湿気にも悩まされていたようです。
このウォーミングパンはベッドを温めるだけではなく
濡れたシーツを乾かすのにも役に立ちアイロンの役目もあったようです。

寒い冬の夜、あらかじめ温められたベッドが待っていることほど嬉しいことはありませんよね😘

ただ、ウォーミングパン
扱いは結構大変だったようなのです・・・
熱々の炭を入れるのでこのパンを常に動かし続けないと寝具が焦げてしまい、
ベッドに引火しないように周囲に注意を払う必要がありました。

イギリスの一部地域ではこのウォーミングパンによる火事が多発してしまったのだか💦

そこでウォーミングパンの代替えでワゴン型のベッドウォーマーもつくられました。

IMG_2879.jpg


これは、木製のフレームの中央に燃料の入ったポットを置き、熱を保持するように設計されたもの。
見た目がシスターのドレープのように見えることからモアンヌ(=イタリア語で修道士)と呼ばれたそうです。
これならばベッドの中で常に動かす必要はなく家事になる可能性も低いのでしょう・・
しかし個体が大きいので場所をとり、あまり普及しなかったようですが。

その後は安全性や燃料事情により、このような陶器性の湯たんぽに取り替わっていったようです。

IMG_2271.jpg
IMG_2119.jpg

ころんとしたフォルムが愛らしいですよね(*’U`*)
このように一輪挿しとしても活躍しますよ🌸


IMG_6248.jpg

BRITISH LIFEはアンティーク家具がメインに販売をしておりますが
このようなアンティーク雑貨も一部ございます。

見ただけだと何に使う物か分からない、珍しく面白い商品もございますので
是非店頭にいらしいてみてくださいね+.(*'v`*)+
雑貨類はオンラインストアにUPしてないものもありますので
またこちらのブログでご紹介いたしますね!






BRITISH LIFE
0287-39-5368
〒329-2372 栃木県那須塩原市一区町237-29
https://maps.app.goo.gl/X9cU5mdKeDtCEFBH6?g_st=ic
●OPEN
9:00-16:30
●CLOSE
月曜日・金曜日



イギリス家具の老舗②『G-PLAN』


こんにちは!
BRITISH LIFEのMihoです!

皆さまG-PLANという家具ブランドはご存知でしょうか??

images_20240128150304f51.jpg

このロゴを見るとピンとくる方もいるのではないでしょうか???👀
アーコールと肩を並べて、人気が高いイギリスを代表とする家具のブランド!

本日はそんなG-PLANについてのお話です!

G-PLANはイギリスのハイ・ウィカムという町で設立された「Ebenezer Gomme」社により
1952年に3代目責任者であったドナルド・ゴム氏により生み出された
北欧のスタイリッシュな家具のデザインを取り入れたモダン家具部門のブランドです('ω')ノ
メーカー名ではなくブランドの名称になります!

前にもお話いたしましたが、アーコールのライバル的存在であったG-PLANの
創業者同士は実は親しい友人であり、仕事上の良き仲間でもあったそうですよ(^-^)/
当時の工場もお隣同士にありました。

時は遡り1940年代。
第二次世界大戦の真っ只中にいたイギリスは大きく疲弊し、
家具市場のみならず国全体として衰退の一途を辿っていました。

6年もの間、日本やドイツ、イタリアの連合軍と激しく戦闘したイギリスは深刻な物資不足に陥り
その為政府から規制が出され、自由に色々なものが作れない状況だったそう。
それまで英国家具でよく使用されたオーク材やマホガニー材、ウォールナット材などの高級木材が禁止され
装飾が凝った美しい家具を造ることが規制され、造り出せなくなりました。

一方、1950年代になるとイギリスに北欧家具ブームがやってき、
だんだんとお洒落な北欧家具に国内市場を奪われ始めます。
そこで創業者の孫であり当時の責任者ドナルド・ゴム氏は、
これまで続いていた英国の伝統的なデザインを一新させます。

1952年に北欧家具のデザインに影響を受け、G-PLANをスタートさせました。

g_plan_brandon.jpg

北欧デザインを自国に取り入れるためにデンマークから家具デザイナーを迎え、
チーク材を使った本格的な北欧家具を次々と発表していきます。

デンマークなど北欧のスタイリッシュな家具のデザインを取り入れて製造を始めたのはG-PLANが初のようです。

昔ながらの伝統的なイギリスらしいクラシックな家具でもなく物資不足によって作られた簡素な家具とも違う
オシャレな北欧スタイルの家具G-PLANに人々は夢中になり1960年以降には爆発的な人気を得たそうです。

その後さまざまな家具を開発し、イギリス家具の象徴的なブランドの 1 つに成長しました。
IMG_2782.jpg

当時のブランド家具の多くはテーブルと椅子などがセット売りされていたいましたが
G-PLANは予算に合わせて計画をしながらゆっくり購入できるよう、
セットとして存在する家具を、一つのアイテムから個別に購入できるようしました。

G-PLANというブランド名にも、E.Gomme社の【G】そして
【PLAN】には、何年もかけてプランを立て、買い足していく家具
と言う思いが込められているそうです(^-^)/
単品はもちろんのこと、少しずつ買い揃えることにより、トータルにモダンな部屋づくりが楽しめるという
当時としては画期的な発想だったようです❗


british-life_c303-2.jpg
イギリスの高度な製造技術と洗練された北欧デザインとの融合で発展したG-PLANの家具は、
英国を代表するブランドとして現在も経営をしており、今も世界中で多くの人に愛されています✨

IMG_2729.jpg

不要なデザインや機能を排除し洗練された、
シンプルでモダンなミッドセンチュリーなデザインなので
どのようなテイストのお部屋にも馴染みやすいです✨

当店に在庫のあるG-PLANのアイテムをPIC UPいたしましたので
宜しければご覧ください💕






BRITISH LIFE
0287-39-5368
〒329-2372 栃木県那須塩原市一区町237-29
https://maps.app.goo.gl/X9cU5mdKeDtCEFBH6?g_st=ic
●OPEN
9:00-16:30
●CLOSE
月曜日・金曜日







【配達日記】H様宅


こんにちは! 
BRITISH LIFEのMihoです(^-^)/

先日、矢板市のお客さまのお宅へ配達に伺いました!
とても立派な古民家でして、圧倒されてしまいました・・・w(゚o゚)w
お写真を撮らせて頂きしたので、その様子を載せてまいります♪

IMG_2948.jpg

IMG_2938.jpg

今回ご購入頂いたのは1920年代の大きなゲートレッグテーブルと
バルボスレッグとツイストレッグのチェア合わせて6脚。
ペルシャ絨毯との相性も良く、お部屋の広さにもぴったりでした。

今度、ゲストとシェフを招いてジビエ料理を振る舞うパーティーを予定されているとの事で、
羨ましい限りです(*ノ∪`*)料理が映えそうですね♡

以前ご購入頂いた家具もお綺麗に置いてくださっておりました(*゚ェ゚*)♡

IMG_2945.jpg

IMG_2943.jpg

IMG_2944.jpg

和のお家にも洋の家具がしっくりときますね・・・♡

IMG_2935.jpg

こちらのお宅はもともとは茅葺き屋根だったようで素晴らしい梁でございました😍
わたしもいつかアンティークに囲まれた素敵な暮らしがしたいですヽ(´∀`)ノ

以上、配達日記でした!




BRITISH LIFE
0287-39-5368
〒329-2372 栃木県那須塩原市一区町237-29
https://maps.app.goo.gl/X9cU5mdKeDtCEFBH6?g_st=ic
●OPEN
9:00-16:30
●CLOSE
月曜日・金曜日




カクテル

こんにちは!
BRITISH  LIFEです!



寒くなったり、暑くなったり忙しい季節ですね✨


今回はカクテルキャビネットをご紹介したいと思います🍷
カクテルキャビネットは、お酒やグラスなどを収納できる家具です。
扉を開けるとカウンターになり、ここでカクテルを作れる優れものです!

20240214092712958.jpg




カクテルが誕生したのはアメリカといわれていて、そこから世界に広まったのが20世紀頃。
アメリカで禁酒法が施行され、職を失ったバーテンダー達がヨーロッパに渡り広まったそうです。
ハリークラドック、イギリスのバーテンダーでカクテル誕生の地アメリカで活躍していました。
IMG_0080.png


彼は、サヴァイカクテルブックを著作した、バーテンバーの帝王といっても過言ではない人物です。
サヴァイカクテルブックの初代版はかなり高額で取引されているそうです(*゚Q゚*)



イギリスでは、夏になるとピムスドリンクというカクテルを飲むそうです。
夏バテによる食欲不振を予防でき、ウィンブルドン英国テニス選手権でも飲まれてるそうです。

IMG_0083.jpeg

ピムスは、フルーツフレーバーのアルコールリキュールで、レモネード、炭酸、きゅうり、イチゴ、オレンジ、ピムスで作るカクテルで、炭酸が入っているので甘くてスカッとして飲みやすいそうです🍷



日本でもピムスは販売されてるようなので、私も夏になったら飲んでみたいと思います🍹



こちらは、オールドチャームのカクテルキャビネットになります。
扉を開けると二段になっていて、中はレザーとガラス張りになっています。
コースターとピッグがついていて、今すぐにでもカクテルが作れそうですよね(笑)
20240214092655c8a.jpgコースター4種類はエロスの像、セントジェームスパーク、セントジェームス宮殿、ホワイトタワー
どれもイギリスを代表する観光名所がプリントされています。
20240214092704cb3.jpg

下段もワインボトルが何本も入りそうなぐらい、収納が充実しています。
20240214092718e22.jpg




気になる方はこちらからチェックお願いします。








BRITISH LIFE
0287-39-5368
〒329-2372 栃木県那須塩原市一区町237-29 
https://maps.app.goo.gl/X9cU5mdKeDtCEFBH6?g_st=ic 
●OPEN
9:00-16:30 
●CLOSE
月曜日・金曜日


【英国伝統ソファ】チェスターフィールドについて


こんにちは!
BRITISH LIFEのMihoです(・Д・)ノ


本日は重厚でどっしりとした品格漂うチェスターフィールドソファについて書いていきます。
英国のソファといえばこのチェスターフィールドソファを思い浮かべる人は多いはず↓

IMG_2237.jpg

IMG_2236_202401111030188b5.jpg
※こちらはSOLDの商品の画像になります

海外映画のシーンやBarなんかで目にしている方も多いのではないでしょうか?
映画007シリーズでもよく登場しますよ🔫

総革張りで、鋲がうたれており、ボタン留めが綺麗に配列しているのが特徴。
このようなレザーソファの事をチェスターフィールドソファと呼びます。
イギリス発祥の伝統的ソファです!

18世紀イギリスで外交政治家として活躍していた人物フィリップ チェスターフィールド伯爵が
愛用していたことから名付けられたという説があるようですが、作者や詳しい記録は不明のようです・・・。
紳士用のコートのチェスターコートも、彼が着ていたことに由来しているのだとか。

チェスターフィールドソファは、紳士が背筋を伸ばして座るためにデザインされたと言われます。
クラシカルかつ高級感を醸し出し置くだけで空間に品格が生まれそうですね(;'∀')

現在当店ではチェスターフィールドのスツールが在庫がございます。


IMG_2231.jpg

IMG_2214.jpg

小ぶりでなのでソファよりも場所を選ばず置けます、オットマンとして使われるのも良いかと思います(^-^)/
使い込むにつれて、革が次第に柔らかく艶が出てきて何とも言えない深い味わいに育ちます✨
風合いが変化していくのも様子を楽しみなスツールです。

高級感漂う空間を演出してみてはいかがでしょうか?




BRITISH LIFE
0287-39-5368
〒329-2372 栃木県那須塩原市一区町237-29
https://maps.app.goo.gl/X9cU5mdKeDtCEFBH6?g_st=ic
●OPEN
9:00-16:30
●CLOSE
月曜日・金曜日